e-town八王子メニュー
TOP
八王子サイトの更新情報

もっと見る。
 

10八王子市の歴史の情報一覧





【八王子事典】八王子八十八景|八王子市:厳選された市内の美しい景観が紹介されています。

Posted on :2007年11月04日 | 記事を開く | コメント (2) | トラックバック (0) .

八王子八十八景|八王子市

八王子八十八景|八王子市

八王子八十八景は、21世紀の八王子の顔にふさわしい景観として、八王子市民から候補地を募集するなどし、「八王子八十八景選定委員会」で選定したもの。
八王子市役所のサイトで、全ての場所が紹介されています。


八王子八十八景のパンフレット
ハッチー・ウォーク(八王子市ウォーキングマップ)

八王子八十八景位置図|八王子市

八王子八十八景位置図|八王子市

八王子市役所が提供している八王子八十八景の位置図

八王子八十八景についてもっと調べる - Google 検索

続きを読む


カテゴリ:10八王子市の歴史 , 10名所旧跡 , 20八王子市の自然 , 30八王子市の文化 , 30八王子市の概要 , 80八王子市の観光・レジャー情報

【八王子事典】八王子千人同心

Posted on :2006年11月29日 | 記事を開く .

八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)は、江戸幕府の職制のひとつで、武蔵国多摩郡八王子(八王子市)に配置された郷士身分の幕臣集団のことである。

甲州口(武蔵・甲斐国境)の警備と治安維持を任務として、徳川家康の江戸入府に伴い1600年(慶長五年)に発足し、当初は代官頭大久保長安が統括した。十組・各百人で編成されて各組には千人同心組頭が置かれ、旗本身分の八王子千人頭によって統率され、槍奉行の支配を受けた。

現在の八王子市千人町に、千人頭の屋敷と千人同心の組屋敷があったといわれる。 千人頭は200~500石取りの旗本として遇され、同心は御家人として遇され、禄高は10俵1人扶持~30俵1人扶持である。

千人同心は甲斐武田家遺臣を中心に、近在の地侍、豪農などで組織された。甲州街道の宿場である八王子を拠点としたのは武田家遺臣を中心に甲斐方面からの侵攻に備えたためである。八王子の甲州街道と陣馬街道の分岐点に広大な敷地が与えられた。甲斐が天領に編入され、太平が続いて国境警備としての役割が薄れると、1652年からは交代で家康を祀る日光東照宮を警備する日光勤番が主な仕事となった。

千人同心は警備を主任務とする軍事組織であり、同心たちは徳川将軍家直参の武士として禄を受け取ったが、その一方で平時は農耕に従事し、年貢も納める半士半農といった立場であった。

千人同心の配置された多摩郡はとかく徳川の庇護を受けていたので、武州多摩一帯は同心だけでなく農民層にまで徳川恩顧の精神が強かったとされる。


◆最近の研究による武士身分の見直し
千人同心が武士身分であったかについては疑問も多い。 従来は千人同心だったもの達の主張に従い武士(御家人)だったというのが通説であったが、近年に入り現存する史料などの研究が進むと、武士身分としての実態が伴っていなかったことが判明してきている。 例えば、千人同心は苗字を公称することがゆるされておらず、帯刀についても制限されていた。 また江戸時代中期頃より株売買による千人同心職の譲渡が盛んになり、八王子に集住していた同心達にかわり、関東近在の農村に散在する富農層が千人同心職を兼帯するようになる。 千人同心たちは居住する村落では人別帳に他の農民同様に百姓として記載されており、幕府代官所をはじめとする地方領主達は、かれらを武士とは認めていなかった。 このため千人同心たちはたびたび御家人身分の確認をもとめて幕府に願い出るが幕府は毎回これを却下している。 例えば幕府の最高法廷である評定所は、明確に千人同心が正規の御家人身分を有しないとの判決を下している。 今日では武家奉公人相当だったのではないかと考えられている。


◆千人頭
萩原家
上窪田家
上窪田別家
下窪田家
志村家
原家
中村家
河野家
山本家
石坂家

◆著名な千人同心(幕末)
石坂義礼 千人頭 命を賭して日光を戦火から守った
原胤敦 千人頭 函館奉行支配調役。「新編武蔵風土記稿」編纂者
松本斗機蔵 組頭 幕府に認められた開明派。
植田孟縉 組頭 多数の地誌を著わす。「新編武蔵風土記稿」編纂者
塩野適斎 組頭 「桑都日記」の著者。「新編武蔵風土記稿」編纂者
小谷田子寅 組頭 蘭学者
三田村鳶魚 江戸文化・風俗研究の第一人者、但し千人同心の家出身であり同心を勤めてはいない
近藤三助 天然理心流二代目

◆関連項目
日光脇往還
勇払
甲源一刀流

◆関連図書
吉岡孝『八王子千人同心』同成社 ISBN 4-88621-261-1

以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より作成


読売新聞の北海道版のウェブサイトで、「八王子千人同心」の墓(苫小牧)が紹介されています。
http://hokkaido.yomiuri.co.jp/tanken/tanken_t010811.htm

八王子市は、苫小牧市と、江戸時代後期に八王子千人同心が北辺警備と開拓のため勇払原野に移住したのを縁に、昭和48年(1973年)に姉妹都市の盟約を結んでいます。

「千人同心」は、滅亡した戦国大名・武田氏家臣団の末えいで、八王子で半農半士の生活を送っていたが、原新助をはじめとする「八王子千人同心」の隊士65人は列強の脅威にさらされていた蝦夷地の開拓と警備のため、北海道に向かったといいます。

しかし、北海道の厳しい自然環境などのため、入植後2年間に11人が死亡し、多くの隊員が勇払を去ったとのことです。

苫小牧市勇払ふるさと公園には、その八王子千人同心の墓がにあります。

2006年夏、八王子市のボーイスカウトのメンバーらが、同心の墓参に訪れたり、勇払で初めて「八王子車人形」が初めて演じられたりして、交流が進んでいるようです。

■勇払ふるさと公園(苫小牧市勇払132)
JR日高線勇払駅から徒歩約10分。
JR苫小牧駅から市営バスで25系統勇払線で約45分。
公園内の「勇武津(ゆうぶつ)資料館」は毎週月曜日と年
末年始などは休館。
開館時間は午前10時~午後5時。入館無料。

勇武津(ゆうぶつ)資料館ウェブサイト
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/y-siryo/

続きを読む


カテゴリ:10八王子市の歴史

【八王子事典】八王子車人形(八王子八十八景)

Posted on :2006年08月08日 | 記事を開く .

八王子車人形とは、ロクロと呼ばれる箱車に腰掛け、一人一体の人形を操る人形芝居。江戸時代末期に考案され、西川古柳座が伝統を受け継ぎ、幅広い活動を行っているということです。
■出典:八王子八十八景の車人形の紹介


■八王子車人形のことをわかりやすく説明されている「座敷わらし」さんのサイトにリンクさせていただきます。
八王子車人形

八王子市観光課の車人形の紹介

続きを読む


カテゴリ:10八王子市の歴史

【八王子事典】八王子城跡

Posted on :2006年08月03日 | 記事を開く | トラックバック (0) .

八王子城跡は2006年2月に日本100名城に選ばれました。これをきっかけに八王子城跡周辺が騒がしくなってきています。八王子市にとって重要な観光資源になっていくことと思います。

2006年8月には、駐車場も整備されることになりました。
詳しくはこちら

以下、八王子城の歴史などをご紹介します。

出典:Wikipedia
----------------
八王子城(はちおうじじょう)
現在の東京都八王子市元八王子町にあった山城である。標高445m(比高約240m)の深沢山(現在の城山)に,曲輪,石垣,御主殿跡などの遺構が残り,典型的な中世山城の最終形態と言える。後北条氏の本城・小田原城の支城であり、関東の西に位置する軍事上の拠点である。この城の山頂に牛頭天王の8人の王子の「八王子権現」が祀られていることから,八王子城と名付けられた。広大な規模を誇る八王子城の出城には、搦め手の防衛線を形成する浄福寺城(案下城)、小田野城の他、初沢城などがあった。

■築城
1587年(天正15年)頃,北条氏康の三男・氏照が築城し,本拠とした。当初は大石氏の滝山城に拠っていたが、1569年(永禄12年),小田原攻撃に向かう甲斐国(現在の山梨県)・武田信玄軍に攻められ、滝山城の防衛の限界を感じた氏照は、織田信長の築城した安土城を参考に、石垣で固めた山城構築を行い、本拠を滝山城から移したという。八王子城は東西約2km,南北約1kmに及ぶ大規模な縄張りであり,いくつかの地区に分けられ,深沢山の山頂に本丸を置き,その尾根や谷など複雑な地形を利用し,松木・小宮曲輪など何段もの曲輪を配置した要害地区,城山川沿いの山腹に御主殿と呼ぶ館を構え,その東側にアシダ曲輪で防衛している居館地区,そして城山川に沿った麓には城下町を形成した根小屋地区などで構成されている。城下町には,武家屋敷のある中宿,刀剣鍛冶職人の居住区である鍛冶屋村に加え,滝山城下から移転した商業地区の八日市・横山・八幡三宿があった。

■落城
1590年(天正18年)6月23日,天下統一を進める豊臣秀吉の 軍勢,上杉景勝・前田利家・真田昌幸らの連合軍1万5千に攻められ,1日で落城した。当時,城主の氏照以下家臣は小田原本城に駆けつけ,八王子城内には,城代の横地監物吉信,家臣の狩野主善一庵,中山勘解由家範,近藤出羽守綱秀らわずかの将兵の他,領内から動員した農民・婦女子を主とする領民を加えた約1000人が城内に立て籠ったに過ぎなかった。豊臣連合軍は力攻めによる殲滅作戦を展開,城内の婦女子は自刃し,御主殿の滝に身を投げ,滝は3日3晩,血に染まったと言い伝えられている。小田原合戦において,北条当主・氏政とともに氏照は切腹した。その後,北条氏に代わり領主となった徳川家康は八王子城を廃城とした。

■現在
1951年(昭和26年)6月9日,国の史跡に指定され,発掘調査や整備も進み,御主殿跡付近の石垣,虎口,引き橋などが復元されている。深沢山は現在,城山又は八王子城山と呼ばれ,直下に圏央道の「八王子城跡トンネル」が建設中である。また,戦闘の際血に染まったといわれる御主殿の滝などにより「心霊スポット」ともされている。

2006年(平成18年)2月13日、財団法人日本城郭協会は「日本100名城」を発表し、八王子城が日本100名城の一つに選定される。

■交通アクセス
JR中央線高尾駅北口より「グリーンタウン高尾(霊園正門経由)」、「宝生寺団地」、「恩方車庫」、「高尾の森わくわくビレッジ」行きバスで「霊園前」下車 八王子城跡入口まで徒歩20分
----------------

◆関連サイト
日本100名城
八王子八十八景(市役所)
八王子城の歴史(高尾山総合インフォメーション)


[スポット][歴史][八王子を知る]


カテゴリ:10八王子市の歴史

【八王子事典】八王子の歴史(WikiPedia)

Posted on :2006年06月01日 | 記事を開く | トラックバック (0) .

WikiPediaで八王子市の歴史を調べてみました。
自分の住む町の歴史を紐解くのはとても勉強になりますし、地元への愛着もわきます。

------------------------------------------------

◆八王子市の歴史◆

■古代
現在の八王子市域に人々が住み着き始めたのは有史以前の時代のことで、市域には先史時代の遺跡が数多く点在している。代表的なものとして国指定史跡である椚田遺跡のほか、船田、北野などの各遺跡があり、八王子市域のこの時代の遺跡は主に浅川およびその支流付近の段丘面に位置している。縄文時代中期から平安時代に至るまでの集落が同一の遺跡から発見されており、先史時代からかなり後の時代まで、人々は河川付近の段丘面にのみ集住して暮らしていたことがわかる。

1964年に発掘された宇津木向原遺跡では、ムラの住居跡ともに方形周溝墓が発見された。特定の個人を葬った方形周溝墓は弥生時代のムラにおける身分格差を示すとされている。

この地が朝廷(畿内政権)の支配下に組み入れられると、市域は武蔵国の多麻郡(現代の用字では多摩郡)に編入された。古代に八王子市域に存在した郷名などははっきりしないが、931年に勅旨牧に指定された小野牧(おののまき)を八王子市由木付近に求めようとする説がある。

律令制が崩壊し荘園制が発達して関東各地で武士団が形成された平安時代後期には、武蔵七党のひとつ、横山党がこの地方に興った。横山党は古代氏族小野氏の末裔である小野義隆が武蔵権守となり、現在の八王子市横山町に名を残す横山荘に居館を構えて横山氏を称したのに由来する。横山党の一族には由木氏・海老名氏・平山氏など八王子近辺の地名を名字とする武士がおり、その勢力が八王子市域一帯に広がっていたことがわかる。


■中世
横山党の勢力は鎌倉時代に入ると衰退し、13世紀にはかわって鎌倉幕府の重臣大江氏の一族である長井氏や、執権北条氏の一族の支配が浸透した。室町時代に入り、15世紀になると関東管領を世襲した山内上杉家の被官で武蔵など関東数カ国の守護代を歴任した大石氏が武蔵西部に地盤を築き、八王子市域一帯を支配するようになった。片倉城や高月城、滝山城などの八王子市域の中世城館の多くはこの時期に建てられたものである。

戦国時代に入ると、16世紀前半に南の相模国から北上してきた後北条氏が多摩地方から武蔵全域に向かって勢力を伸張し、大石氏もその圧力を受けた。1546年、山内・扇谷両上杉家が河越夜戦で敗れると大石氏は後北条氏に屈服することになり、北条氏康の次男氏照を養子に迎えることで、完全に後北条氏に取り込まれることになった。

氏照は、はじめ大石氏の地盤をそのまま受け継いで滝山城に拠っていたが、1584年ごろ、滝山城の西南にあって甲州街道筋の敵軍を監視することができる深沢山に新城を築城した。この城は、山麓に牛頭天王の八人の王子神である「八王子権現(はちおうじごんげん)」が祀られていたのを城の鎮守とし、八王子城と名づけた。この城名が市名の由来であり、山の南麓を流れる北浅川の支流、城山川の谷筋に沿って設けられた城下町が八王子の町のもとになった。これが現在の元八王子町である。

八王子城遺構の調査、発掘と遺跡の整備は近年急速に進んでおり、この城が畿内で発展した安土桃山時代の新式の城の影響を受け、広い大手道や大きな城門を備えた大がかりなものであったことが明らかになってきた。遺跡からは発掘により五彩磁器皿などの磁器や茶道具、香炉などが出土し、城内の生活をしのばれる。

■近世
1590年、後北条氏が豊臣秀吉と敵対し、秀吉の小田原攻めが始まると、城主氏照以下、八王子城衆の主力は小田原城に入った。このため八王子城は家老以下わずかな兵で守らざるを得なくなり、さしもの巨城も上杉景勝・前田利家らの北陸勢の猛攻を受けて落城した。

その後小田原城が降伏し、氏照が兄の北条氏政とともに敗戦の責任をとって切腹すると、没収されたこの地方は後北条氏の旧領全域とともに徳川家康に与えられた。家康もまた後北条氏と同じく、家康の居城が置かれる江戸を甲州口から守るための軍事拠点として八王子を位置付けた。

しかし徳川氏は後北条氏のように八王子に支城を置かず、八王子城を廃城とした上で八王子を直轄領とした。八王子には関東各地の直轄領(御料)を支配する代官18人が駐在することとなり、武田家旧臣の大久保長安が代官頭をつとめてこの地方の開発を担当した。長安は甲州街道を整備し、八王子城下より東の浅川南岸の街道沿いに新たに八王子町を設けて旧八王子城城下の住民を街道沿いに移住させた。


現在に残る八王子宿の面影: 甲州街道沿いに現存する土蔵造りの店舗(八幡町)。建物は近代以降のものだが、表通りに面した間口に比して奥行きが広い棟割と建物の配置は、江戸期の町の風情を残している。徳川氏による八王子の開発の結果、1650年代までに現在の八王子の中心市街(八王子駅の北)には甲州街道に沿って何町も連なる大きな宿場町が完成し、八王子十五宿(八王子横山十五宿)とよばれるようになる。この宿は街道中最大の宿となった。八日市・横山・八幡などの地名は滝山城の城下町から八王子城の城下町へ、そして八王子町へと受け継がれたものである。また徳川氏は武田氏や後北条氏の遺臣で軽輩の者を取り立てて八王子宿周辺の農村に住まわせ、普段は百姓として田畑を耕し、日光警護など特別な軍事目的の場合には下級の武士として軍役を課す八王子千人同心とした。

八王子宿への代官の駐在は1704年に廃され、関東御料の代官は江戸に移住する。なお、八王子宿は幕府直轄の天領であったが、江戸近郊の常として周辺の村には旗本や小大名の相給地も多く、一元的領域支配は行われていない。

近世後半には全国的に生産力の増大がみられ、なかでも米などの貢納用作物のほかに商品作物の栽培が増加するが、八王子宿を中心とする周辺の村々では主に、絹の原料となる蚕やその飼料となる桑、あるいは茶など商品作物の生産がさかんになった。しかし、生産力の増大は一方で農民の間に経済力の格差の拡大をもたらし、結果として治安も悪化することになる。その改善を目指した幕府の文政の改革により、関東地方では組合村(寄場組合村・改革組合村ともいう)が結成される。このとき八王子宿近辺では八王子宿組合村が成立した。これにより八王子宿とその周辺の村々の間では治安面などでの広域的な連携がみられるようになった。この八王子宿組合と、小仏関を中心とする小仏駒木野組合の構成は、ほぼ現在の八王子市の行政区域と重なっており、現在の市域に地域自治的なまとまりがこの頃生まれていたことがわかる。

幕末期、横浜開港により絹が主要な輸出産品となると、八王子は生糸・絹の一次生産地として、また関東各地から横浜へ送り出す輸送の中継地として栄えた。慶応年間、武州一揆や長州戦争など社会情勢の不穏さが増すと、幕府は八王子陣屋の再設置を計画する。すなわち、幕府は、相給地の私領を整理して多摩郡の宿村をすべて幕領とし、村落支配を一元化することを試みたが、陣屋の設置による代官の交代と、引き継ぎに伴う混乱を嫌った八王子宿その他多摩の村々の反対により、実現せずに明治維新を迎えた。

■近代
維新後も、八王子は引き続き生糸貿易の中継地として隆盛した。1873年には「生糸改会社」が、1886年には織物仲買商により織物組合が結成された。織物組合は1899年に機業家を加えて織物業同業組合に発展改組され、現在の八王子織物工業組合の起源となっている。繊維産業の隆盛は、製糸業者萩原彦七が私財を投じて架橋した萩原橋(浅川)の名からも窺い知れる。

1889年には甲武鉄道が開通し、東京との間を結んだ。現在のJR中央本線である。1917年には多摩地区では初の市制を施行するなど、多摩地区の中心都市として位置づけられた。

1926年に大正天皇が崩御すると、翌年初め、陵墓の地が横山村に選定され、多摩御陵と名づけられた。これに伴い、近接する甲州街道の改修などが進んだ。御陵参拝の玄関口となる省線浅川駅(現・高尾駅)前と追分の間の甲州街道にイチョウ並木が整備されたのもこのときである。拡幅された甲州街道には、1929年に路面電車である武蔵中央電気鉄道が開通、また、陵墓への参拝客の輸送のため、京王電気軌道は1931年に御陵線を開通させた(路面電車は1939年に廃止、御陵線は1945年、不要不急線として廃止された)。

昭和初期の不況や、1937年にはじまる日中戦争期のいわゆる戦時体制により、繊維産業も徐々に衰退した。とくに戦時中には繊維業でも軍需工場への転換が進み、また、従業員の徴兵などによる人手不足や企業統合により休業・廃業する工場も現れた。

太平洋戦争末期には多摩地区の中心都市であることや、軍需工場の存在により、八王子は米軍の攻撃目標とされた。1945年8月2日未明の空襲では、B-29の編隊170機により約67万発の焼夷弾が投下され、当時の市街地の面積比で80%、戸数にして14,000戸以上が焼失し、450名余が死亡、2,000名以上が負傷した。同月5日昼には、高尾山にほど近い中央本線の湯ノ花(別称:猪鼻・亥ノ鼻)トンネル出口で、長野方面の疎開地に向かう人々を乗せた下り列車が米軍機P51の機銃掃射を受けた。一部をトンネル内に残したまま停止した列車は炎上し、死者53名・重軽傷者133名の被害を蒙った(死傷者数を900名以上とする説もある)。終戦間近に起きた八王子大空襲と湯ノ花トンネルの事件は、戦争の悲劇として市民に記憶されており、現在でも慰霊祭が行われている。


■現代
戦後の1946年、八王子は戦災都市の指定を受け、復興計画が策定された。1950年代からは町村合併法に基づいて周辺町村の編入が進み、1955年には横山村ほか5村と、1959年には浅川町と合併、1964年8月1日の由木村との合併をもって、現在の市域がほぼ定まった。同年10月行われた東京オリンピックでは、自転車競技の会場となっている。

同年暮には多摩ニュータウンの計画がスタートし、1971年に入居が開始した。このほかにも郊外の丘陵地を中心に新たな住宅団地が造成され、八王子市の人口は急増する。代表的な住宅開発に、1967年の京王高尾線開業に合わせて開発された「京王めじろ台住宅」などがある。合併完了後の1965年に20万人余であったが、9年後の1974年には30万人、さらに9年後の1983年には40万人を超えた。その後1995年に50万人を超えてからは、人口の伸びも鈍化している。

新住民の流入の一方、市を代表する産業であった繊維関連業は、戦災の復興を経たものの、産業構造の転換により、1960年代からは次第に衰退した。かわって北八王子工業団地などの工業団地が造成され、精密機械や電子機器の工場や関連工場が誘致されるようになった。

1963年の工学院大学の移転を皮切りに、都心の大学の移転が次々と行われ、住宅団地と同様に郊外の丘陵地に各校の新校舎が建設された。現在では約11万人の学生が八王子市および周辺の大学に通学しており、東京近郊における主要な文教都市のひとつとなっている。 また、住宅地開発も続けられ、1997年には、南部多摩丘陵地帯を開発した八王子ニュータウンが街開きしている。

■年表
縄文時代中期 - 古墳時代 河川付近の段丘面に住民が集住する
7世紀 武蔵国設置。多摩郡に属する
10世紀 小野牧・由井牧・横山荘の成立。小野氏の支流が横山党を称し勢力を拡大
15世紀 守護代大石氏が勢力を誇る。滝山城、片倉城などの城館を建設
1560年頃 後北条氏から氏照が大石氏と養子縁組
1584年 この頃、八王子城が建設される
1590年 八王子城落城。後北条氏にかわって徳川家康領となる。徳川氏は八王子に代官陣屋を設置し、代官頭大久保長安により八王子千人同心が登用される
1601年 甲州街道の整備はじまる
1652年 千人同心の日光勤番がはじまる
1704年 八王子代官陣屋廃止。地域の幕領は韮山代官所の支配下に
1863年 代官江川太郎左衛門による農兵設置
1866年 武州一揆おこる。千人同心と農兵などにより鎮圧される
1867年 幕府による八王子陣屋の再設置計画、村々の反対で中止される
1871年 廃藩置県により、多摩地域は一時韮山県所属、その後神奈川県に編入
1873年 生糸改会社設立
1878年 第三十六国立銀行(八王子)設立
1889年 甲武鉄道(現・中央本線)開通
1893年 多摩地域東京府移管
1894年 八王子商工会議所設立(関東では、東京・栃木・宇都宮に次いで4番目)
1896年 八王子電燈会社開業
1897年 八王子大火
1903年 八王子電話所開設
1908年 横浜鉄道(現・横浜線) 八王子―東神奈川間開通
1917年 市制施行(人口約44,000人)。東京府内で、東京市に次ぐ2番目の市制都市
1925年 玉南電気鉄道(現・京王電鉄) 東八王子─府中間開通
1927年 大正天皇陵(多摩陵)が建設される(「多摩御陵」)。高尾登山電鉄 清滝―高尾山間開通
1928年 八王子競馬、初の開催
1930年 武蔵中央電気鉄道 東八王子―高尾橋間開通(1939年廃止)
1931年 京王御陵線 北野―多摩御陵多摩御陵前間開通(1945年休止) 八高線 八王子―東飯能間開通
1941年 八王子信用組合設立
1945年 八王子大空襲。中央本線湯ノ花トンネルで米軍機の機銃掃射事件。
1951年 貞明皇后崩御。大正天皇陵に隣接して陵墓(多摩東陵)が建設される
1964年 東京オリンピック。市内で自転車ロードレース開催される
1965年 人口が20万人を超える
1967年 京王高尾線 北野―高尾山口間開通。中央自動車道 八王子―調布間開通。明治の森高尾国定公園指定。
1973年 甲州街道で、多摩地域初の休日歩行者天国実施(1978年まで)
1974年 人口が30万人を突破
1976年 多摩ニュータウン八王子市域で入居開始
1983年 八王子駅ビル、市役所新庁舎完成。人口が40万人を超える
1988年 京王相模原線多摩センター―南大沢間開通
1989年 昭和天皇崩御。昭和天皇陵(武蔵野陵)が建設される(皇室墓地域が武蔵陵墓地と改名される。)
1994年 京王八王子駅ビル完成
1995年 人口が50万人を超える
1997年 八王子ニュータウン入居開始。八王子駅北口再開発ビル完成
1999年 八王子駅北口地下駐車場、八王子駅北口横断歩道橋(マルベリーブリッジ)完成
2000年 香淳皇后崩御。昭和天皇陵に隣接して武蔵野東陵が建設される
2003年 八日町第2地区再開発ビル、国土交通省直轄八日町駐車場(八日町夢街道パーキング)完成。

------------------------------------------------
◆ここまでの出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八王子市の歴史. (2006, 3月 28). Wikipedia, . Retrieved 16:37, 5月 31, 2006
Text is available under GNU Free Documentation License.
------------------------------------------------
[八王子を知る][歴史]


カテゴリ:10八王子市の歴史

◆八王子情報クイックリンク

八王子関係の情報に素早くアクセスできるようにまとめました。
「八王子市」を横断検索:はちラボ検索事典
緊急情報 夜間・休日診療 │ 防災情報 │ 防犯情報 │ こどもの救急
総合情報 八王子市役所 │ Yahoo!地域(八王子市) │ 八王子タウン
多摩タウンガイド │ 八王子ドットネット
ニュース 八王子関係のニュースYahoo!ニュース(八王子市)
八王子市の気象情報 │
暮らし 市役所手続き案内 │ 市の施設案内 │ 施設予約 
ごみの出し方・区分・カレンダーなど │ 広報はちおうじ
水道 │ 東京電力 │ NTT東日本 │ 東京ガス
市内の電話帳 │ 市内の郵便番号 │ 市内の地図
テレビ番組表 │ 
交通 八王子市内の駅時刻表 │ 路線検索 │ 鉄道の運行状況
バス時刻表  │渋滞情報(一般道高速道路)│八王子駅周辺駐車場情報
中央道情報首都高情報高速道路情報 
ショッピング 市内で使えるクーポン・割引券 │ 市内の商店街 │ 楽天市場
八王子グルメ
イベント 八王子イベント情報 │ 市内ホール等のチケット
健康 八王子市内の病院検索 │ 夜間・休日診療 │ こどもの救急